家を捨てて3日後にガチャを引いて石垣へ。石垣旅行が終わったら60万のコンサルが売れてた話。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

ここまで、

2週間で店舗コンサル10件を獲得
&
家を捨てて速攻でホームレスになる

 

と目まぐるしく動いていたので、
「何か自分にご褒美を与えよう!」

ということで旅行に行くことにした。

 

が、

「行き先どないしよかな。。」と迷い
どこに行くか全く決まらん。

 

そんなとき、peachの”旅くじ”というサービスが

開始されることを発見。

 

「おー!これじゃこれじゃ!これで行き先決めるぜよ!」

ということで、
速攻でガチャのある渋谷へ。

 

一個5000円という衝撃価格のガチャに挑戦すると、
「トゥルル~ル、トゥールルールルールル」というリズムで

ガチャがスタート。

IMG_6383

 

 

出てきたのはなんと、、、

 

石垣!!!!

 

 

え、石垣なんて行ったことないぜよ?
そもそも石垣ってどこ?南の島?それとも北?

 

ということで、沖縄の島だと確認。
あー良かった。温かいところで。

 

と安心しておったら
チケットを検索すると、

 

普通に1万円超えてくる。(笑)

 

軍資金25000円くらいのプチ旅行のつもりが
交通費で25000円なくなるやんけ。。。

 

と笑えてきたが、

 

どうやら2時間後に出発の飛行機に間に合いそうなので、
そのまま成田に直行して飛行機でGo!

 

 

なんとか飛行機に乗れた。

よし、石垣について全く分からんから調べるか。

 

そう思ってスマホを取り出すと

 

”圏外”

 

の文字が。

 

「ぐわああああ!やってしもうたあああ!」
「石垣につくまでプラン立てれんやんけええええ!」

 

と頭を抱えてしもうたが、

 

1分後には

「まあ、しゃーないぜよ」と切り替えて
寝てしもうちょった。(笑)

起きたら17時半で
飛行機は石垣空港に到着していて、

 

「おー!ここが石垣かえ!」

と堪能する時間もなく、

空港のロビーで、
石垣の情報をマッハでリサーチ。

 

・カメと泳げるシュノーケリング
・手のひらより大きい牡蠣
・日本最南端シーシャ

 

この辺がヒットして、
1時間でスケジュールを組んで
ホテルもレンタカーも全部予約した。(笑)

 

 

当日の夜は、さっそく海鮮を食いに行こう!
と車を20分ほど飛ばして

牡蠣と海鮮盛り合わせを堪能。。。

手のひらサイズより大きい牡蠣は人生初で、
ぷりぷりしちょって最高にうまかった。

 

そのあとは、日本最南端のシーシャ屋へ。

 

 

ここの店主が作るシーシャが、
もうほんっとうに最高で…

 

美味しすぎて2.3回逝きかけてしもうた。(笑)

 

次の日は朝からカメと泳ぐシュノーケリングに参加。

 

予報では雨のはずが、
嘘のような晴れの空で、
地元の人に聞くと一番ええときに来たらしい。

 

海の中に潜ると、
そこは地上から隔離された完全なる異世界。

 

 

沖縄の圧巻のサンゴ礁や、

 

ニモ(クマノミ)にも会うことができた。

 

そして、、、、、

 

念願のカメには
会える日と会えない日があるらしいが、
わしは死ぬほど強運だったらしく
ここまでカメと接近して泳げた。

(横で泳いでおるのはわし。)

 

水族館でしか見たことなかったが、
横で泳ぐと大迫力!

顔が意外と童顔でかわいいカメやったぜよ。

 

 

シュノーケリングを楽しんだ後は、
ビーチを見ながらマンゴージュース片手にランチ。

 

 

時間がゆっくりと流れておって、
まさに南国の楽園、、という感じやった。

 

そのあとは、地元の人に聞いて
急遽予定を変更して
石垣の聖地”御神岬”へ。

 

地元の方曰く、
この灯台を目指して神々が定期的に降臨する
神聖なスポットらしい。

 

聖地にふさわしく、
どのアングルから見ても本当に絶景。

 

 

 

江戸では普段体感できない、

でっかい海と

でっかい山!

という大自然を全身で感じたし、

何より風が気持ちよかった。

 

あまりにも気持ちよかったので、
わしはここでしばらく座禅を組んで
瞑想しておった。

 

 

遠くにある水平線をジーっと眺めていると、

 

「あの先にはどんな世界があるんじゃろう?」

「きっとクレイジーなものもおって、
最高なんやろうなあ」

と考えずにはおれんかったぜよ。

 

すると、ちょうど目の前を船が通過して、

坂本龍馬が暗殺目前に描いた

「世界の海援隊でもやろうかいのう。」

という思想とも相まって、

 

そうか、坂本龍馬の先をやるということは
海に出て世界を相手にせえとのことじゃ。

「これは御神岬の神様からの
”早く成長して世界に出ろ”というメッセージかもしれんのう」

と思った。

 

さて、メッセージもいただいたことで、
わしは最後に食べたかった
島の絶品スイーツをぺろりと平らげ、

 

石垣空港から江戸へと飛び立った。

 

 

帰りの飛行機で感じたのは、

こうした最高のOFFがあるからこそ、
また、この最高のOFFを味わおう!と思って仕事を頑張れる、
ということ。

 

おそらく石垣でのOFFを取らずに、
仕事仕事仕事仕事仕事仕事・・・

 

と頭の中が一杯やったら、

どこかで身体の無理が来るし、
人生としておもんなかったと思う。

 

そもそも面白いことをしたい!
おもろい人生を歩みたい!

 

と思って、龍馬インストールしたり
仕事をわしはしているわけで、

遊びの部分がなくなったら、
改めて本末転倒やなあと。

 

やから、こうしてOFFの時間は積極的にこれからも
取っていくし、最高にOFFは楽しむぜよ。

 

ほいたら!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ~龍馬伝~龍馬の先をやる男になるまでの物語 , 2021 All Rights Reserved.