発想を逆転して2週間で店舗コンサル10件獲得して得た学び。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

 

せっかく、ここまでWebマーケティングを磨いてきたのに、
それを土佐の店主さんたちは求めていない。

 

その現状をまざまざと突きつけられ、
わしは頭を抱えておった。

 

でも、きっと
どこかにわしのことを求めてくれる
運命の店舗はあるはず。

 

そんな婚期を逃した乙女のような考えで、
ひたすらアポを繰り返し、
オファーを断られ、
首をかしげて帰る日々。

 

そんなある日のことやった。

 

創業50年以上続く、
リピーターであふれる喫茶店を訪問した時のこと。

 

悩みや現状をヒアリングして、

「それならネット展開とかいかがですか?」
「労力が減って、今よりもっと店舗運営が楽になりますよ」

 

とオファーするも、

 

「いやあ。お兄ちゃん。私はパソコンも持ってないのよ」

「いまだにガラケーやし、ネットは怖い。だからかまんよ」

 

と言われて

「ああ、またこのパターンか。」と

下を向きかけたその時。

 

一瞬だけボロボロのメニュー表が目に入った。

 

「ん?なんじゃこれは?」

わしはメニュー表を手に取った。

 

近くで開いて見てみると、
商品が文字だけでびっしりと並べられていた。

見にくいし、分かりにくい。

 

「これは、いつからこのままなんですか?」

と聞くと、

 

「もう20年はそのままやなぁ」とのこと。

 

(そうかあ、大事に使ってるんやなあ)

と思って、メニュー表を元に戻そうとした瞬間、

 

(ん?待てよ。)

と引っかかるものがあった。

 

(店舗さんにとって売上に直接関わるのって
このメニュー表なんじゃないか?)

 

(毎日、お客さんが目を通すわけで、
分かりにくいと頼まない商品だってあるはず。。)

 

(ということは、
わしがメニュー表のコンサルをすれば、
店主さんも手間がかからんし、
店舗の売上も上がるしwin-winやんけ!)

 

と確信したわしは、

「店主さんすみません。
このメニュー表、自分に作り替えさせてもらいませんか?」

とオファーすると、

 

「え!助かる。全然かまんよ^^」

と上機嫌であっさりとオファーが通った。

 

そのとき、わしは確信した。

 

売上を上げる手段は
Webマーケティングだけではない。

 

地方には地方のやり方。
都会には都会のやり方がある。

 

土佐に適したコンサルティングがあるし、
それに柔軟に変化していかないといけない。

 

ということを。

 

こうして10回以上オファーを断られ続けて、
やっと見つけた「メニュー表」という
新しい提供価値は他の店舗でも効果抜群で、

 

一日に2店舗コンサルを受注できる日も増えてきた。

 

その勢いのまま、完全に感覚をつかんだわしは
企画終了3日前の10月28日17時56分に
10店舗目のコンサルを決めた。

 

 

最後にコンサルが決まった店舗さんは、
本当に素敵な店主さんで
訪問して2時間でわしのことを

「龍馬くん、龍馬くん」

と呼んでもらえるまでに仲良くなれた。

 

いかに相手から警戒されずに
その土地と店舗に合ったオファーができるのか?

 

ということを
学ばせてもらった企画やったぜよ。

 

その土地に合ったオファーというのは、
その場所でしばらく住んでみたり、
地元民と話してみたり、
どんな店が周りにあるのか歩いてみたり、
実際に店舗に話を聞かんと分からん。

 

が、店舗に合ったオファーは、

1.聞く姿勢
2.店主さんとの親密度の高さ

が揃えば達成できる。

 

店主さんも人間。

だから、こっちの悩みを聞いてくれて
ある程度仲のいい奴からの
そこそこ良いオファーならOKしてくれる。

 

地方は特にそう。

 

よく分からん外部の人間よりも、
地元出身とか家が近くとか、
共通点の多い、仲の良い人に頼みたい人は結構多い。

 

だからこそ、ここはチャンス。

 

大企業のよくわからん営業マンよりも、
地方出身で店のことを本当に考えてくれる若者。

 

というポジションをつかめれば、
だいたいのオファーは通る。

 

これが2週間で
店舗コンサル10件企画の一番の学び。

 

そうして2週間で店舗コンサルを獲得した後は、
さらに日本中を飛び回って身軽になるために、

 

「家を捨てる」

 

という決断をすることになる。

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ~龍馬伝~龍馬の先をやる男になるまでの物語 , 2021 All Rights Reserved.