第2話。龍馬に目覚めて龍馬インストール。本読みまくったり、育毛剤付けたり。

2021/11/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

~前回までのあらすじ~

6月末のプロモーションで
16時間×7日の作業をこなすも、
売上が0円だった龍馬は精神を病んでしまう。

 

そんな龍馬のもとに、
指を鳴らすだけでマインドブロックが取れるという
魔法使いと名乗る男が現れ、

 

龍馬は今までの自分を制限していた
マインドブロックを取ってもらい、
龍馬の先をやる男になるまでの龍馬伝がついに幕を開けた!
⇒詳しくは(第1話。つまらない日常からの脱藩と魔法使いとの出会い)を参照。

 

==============

魔法使いとの衝撃の出会いがあった後、
早速わしは、

「龍馬を落とし込むために何をやればいいのか?」
「どうすれば龍馬になれるのか?」
を考え始めた。

 

そのために、何をすればいいのか?のリストアップを挙げていくと

==========
1.育毛剤を買って髪を伸ばす。
2.龍馬のアイコンにする
3.龍馬の本を買いあさってアホほど詳しくなる
4.土佐に帰って龍馬巡りをする
==========

これらをわしは一つずつ試し始めた。

 

侍ヘアになるために育毛剤をつけまくる。

 

まずは龍馬とわしを比べてみた。

 

(わし)

(坂本龍馬)

 

比べた時に、まず感じたのは

 

「髪が全然違う。」

「龍馬はもっと長い。対してわしは短すぎる。。」

「早く髪を伸ばして近づく方法ないか?」

「。。。。。。。」

「そうか!育毛剤を買って伸ばせばいい!」

 

そこに気づいたわしは

薬局に行って一番高い”リアップ”を買ってきた。

 

薬局のおばちゃんからは、

「これはお年寄り用ですよ?」

と確認されたけど、そんなものは知らん。

 

わしはいち早く、髪を伸ばして
こんな感じの侍ヘアにしたい。

 

やから、育毛剤を毎日つけまくった。

 

 

育毛剤の液が頭にしみた。

が、8000円近く育毛剤に投資した代わりに
ちょっとずつ生えるスピードが速くなって来た。

 

ちなみに他のも試してみたところ、
こちらのCHAP UPの方が伸びが早かった。

 

 

侍に早くなりたいなら、
CHAP UPがおすすめ。

 

龍馬のアイコンに変えて、それまでの投稿を全削除。

 

次は、アイコンを龍馬のアイコンにした。

 

昔はこんな感じのよくあるアイコンやった。

 

普通過ぎてつまらん。しかも、そんなに似てない。

 

消去して坂本龍馬になった。

 

「普段の発信も龍馬を落とし込むなら、
そりゃあ土佐弁ぜよ。」

 

と決めて、急にTwitterの投稿で土佐弁でしゃべり始めた。

 

急に土佐弁で話し始めたので、
驚いたフォロワーさんもおったようで、

「急にどうしたんですか?」
「え、変わりすぎて誰か分からなかったです」

という声ももらった。

 

説明すると長くなるので

「龍馬になることにしました。よろしくお願いします。」

と、とりあえず返信した。

 

それまでのTwitterのタイムラインもついでに全削除。

前まで普通の標準語でつぶやいていたし、
統一感ないし、何より面白くなかった。

 

プライベートなLINEのアイコンも
坂本龍馬の画像にした。

 

 

親からも友達からも
「急にどうしたん?」と心配された。

 

「おれ、坂本龍馬になるわ。」

と言うと、ポカーンとしていた。めんどくさいので無視した。

 

龍馬コンテンツを滝のように浴びて、龍馬インストール。

 

そして、
龍馬の本を買いあさってアホほど読んだ。

 

大河ドラマの「龍馬伝」は全部見たし、

 

漫画の「お~い、竜馬!」もおもろかった。

 

他にも、龍馬にまつわる本を読み漁って
龍馬を徹底的にインストール。

 

 

 

龍馬の思考や考え方が落とし込めて、

「今この時、龍馬ならどうするだろうか?」が
考えられるようになった。

 

さらに落とし込むために、現地で龍馬巡り。

 

龍馬本を落とし込んだ後は、土佐で龍馬巡り。

 

坂本家のお墓を訪れて、
わしが「令和の坂本龍馬になって彼ができなかった先をやります。」と
ご家族にご報告したり、

 

 

坂本龍馬生誕地や
桂浜を訪れて坂本龍馬を体感した。

 

 

 

龍馬に触れていると
だんだん見える世界も変わってきて、

 

「龍馬がいま生きていたら
この土佐で何をするだろう?」

「わしが龍馬よりも先をやる人間なら
土佐でなにをするだろう?」

という視点が常に入るようになった。

 

そうした視点で日々行動して、
「土佐で何かできないだろうか?」と動き回っていた。

 

 

すると、色んな店舗を土佐で見ていくうちに、
ちょうどそのころは2021年8月で
コロナの再拡大が起こり飲食店がダメージを受けていた。

 

 

その実態をありのままに見て、

 

「江戸で磨いたWebマーケを使って
店舗の売り上げサポートができるんじゃないか?」

 

「龍馬なら自分の武器を余すことなく使って
土佐と日本を救うために奔走しているのでは?」

 

という答えが出るまで、
そう長く時間はかからんかった。

 

そうして土佐での店舗コンサル事業が始まった。

 

第三話。土佐で新事業スタート。営業電話アポ20件。成約0件。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ~龍馬伝~龍馬の先をやる男になるまでの物語 , 2021 All Rights Reserved.