2週間でコンサル10件企画がスタート。が、コンサルが取れずに断られる地獄の日々。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

 

から揚げ専門店さんの売上もだんだんと改善し、
他の店舗さんにも価値を届けたいと
わしは思うようになった。

 

そこで!

 

Twitter、公式LINEで
2週間で店舗コンサル10件企画を発表した。

 

 

守れんかった。。。という事態にならないように、

 

『できなかったら“まゆ毛全そり”の画像を
Twitterにアップします』という文言も添えて。

 

 

頑張ってください!
まゆ毛全そりの方も期待してます!

 

という暖かいメッセージもいただいて、

「よーし、やるぜよ!」という気持ちで、

むかしお世話になったお店や
面白いなと感じるお店に片っ端から電話した。

 

店舗さんは14時~16時が仕込みの時間で
比較的時間が取れて電話がつながるため、
10分に1店舗のペースでかけまくっておった。

 

そんな感じで電話をかけまくると、
1日2~3アポくらいは平均して取れるようになった。

 

しかし、問題はここから。

 

アポして店舗訪問が取れても
成約まで結びつかない。

 

いくらwebサイトの重要性や
SNS、公式LINEの実用性を話しても
全く聞いてもらえない。

 

その代わりに返ってくるのは

「私らはこれ以上お客さんは欲しくない」

「ネットは怖いし、よくわからん」

「今いるお客さんを大事にしたい」

 

という保守的な現状維持。

新しいものには挑戦したくないという
お客様からの声やった。

 

しかし、わしが提供するサービスは
Webマーケティングやから
ネットを使って商品やサービスを広げること。

 

わしは価値あるコンテンツを
土佐中に知りわたるようにしたい。

 

でも、店主さんの声を聴くと、
そんなことは求めていない、と言う。

 

 

どうしたらええがじゃ。。。

 

わしは悩んだ。

 

オファーしても何度も断られ、
「まゆ毛全そり」が頭の中にちらつき始めたとき、

 

一筋の光と逆転のアイデアを思い付いた。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ~龍馬伝~龍馬の先をやる男になるまでの物語 , 2021 All Rights Reserved.