第五話。江戸で武者修行。本16冊読破。店舗コンサルの競合にアポアポアポ。

2021/11/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

~前回までのあらすじ~

土佐で初の店舗訪問を行って
初の店舗コンサルを獲得。

 

しかし、店主さんから求められるレベルと
自分の実力には天と地ほどの差があり、
満足いくものを提供できない。

 

店舗コンサルタントとして
ほぼ”クビ”同然になったわしは

 

自分のレベルを高めるために
その日に高速バスに飛び乗り、
江戸での武者修行が始まった!

⇒詳しくは(第4話。初の店舗コンサル成約。が、7日で使い物にならなくなってクビ。)を参照

 

============

 

眠りから覚めると、
わしは東京駅についておった。

 

「実力のない自分に足りないもの。
それはいったい何なのか、、?」

 

考えて、考えて、考えて出した結論は、

 

知識

 

やった。

 

「わしはそもそも公式LINEの知識がない。
だから勉強。本を買いまくって読みまくろう。」

 

そうと決まれば、行動あるのみ。

朝からAmazonで連打して本を注文しまくった。

一気に18冊。

できるだけ知識が頭に残るように
Twitterに書評をアップしながら読んだ。

 

途中でサボる可能性が高かったので、
同志がいるグループで宣言しながら↓

一番めんどいけど、
さっさと終わらせるべき”勉強”のフェーズは3日で終わらせた。

 

そのあとは、江戸の公式LINEを100個くらい追加して

「繁盛している店舗の公式LINE運営の共通点は?」

「本で書かれていたことと実際の事例はリンクするのか?」

を研究していった。

 

その中で「こりゃあ、ええぜよ!」と思った店舗には
足を運んで実施調査をしていた。↓

 

 

オンラインで研究するよりも
実際に足を運んだ方が得られる情報は多くて、

 

 

働いている店主さんにも声をかけて、
どんな考えで運営しているのか聞きまくっていた。

 

 

そして、江戸修行の後半は
ライバルである競合に情報を聞きに行き、
これが一番効果が高かった。

 

店舗コンサルをやっている競合は少なかったので、
情報収集には苦労したが、

 

繁盛店50店舗以上を生み出した
年1億起業家をTwitterで見つけて、

 

「この人だ!この人から話を聞きたい!」

と思い、

「どうしたらこの人とつながれるのか?」を1日中考えた。

 

そこで出てきたのは

「まず価値提供すること。」

 

価値提供せずに何かと奪おうとする人(くれくれ君)だと

情報も人もお金も集まらないと知っておったので、

 

その人が書いているブログ記事(60記事くらい)を全部読んで
長文の感想を送った。

 

また、その人の不定期の発信にも
自分の成長+その人を感動させるために
感想にこだわって送りまくった。

 

「とにかく自分のレベルを上げたい」

「けども、その人に自分が精一杯の価値を届けたい」

ということに当時は必死やった。

 

熱量が高いことが伝わったのか、その人からは結局

・その人が店舗コンサルで気を付けていること
・ネットしかやってない者が店舗コンサルすると事故る理由
・売り上げを上げる手っ取り早い方法

を教えてもらった。

 

どれも目からうろこで、
今でも店舗コンサルをやる中でフル活用している。

 

他にも、飲食店が適用できる補助金について
よく分からなかったので、

 

補助金を専門にしている業者を
Googleで調べて手当たり次第に聞きまくった。

 

わしが競合だと教えてもらえないので、
「どうしようか。。」と考えて、

 

「そうか!わしが業者のお客さんになればええんじゃ!」

と思いついて、

知り合いが経営しているシーシャ屋で、
店長の名を許可を取って借りて、
「シーシャ屋の店長」だと名乗って電話をかけまくった。

 

すると、相手からするとお客さんなので、

「その補助金よりもこちらがお得」

「料金体系はこのくらい」

「補助金が降りる確率はだいたい~%」

 

という情報をバンバン話してくれた。

 

相手にとって
自分をどのポジションに置くのか?

がやはり大事。

 

 

 

そうして、江戸で約1カ月ほど学びまくった後、
わしは土佐に帰還した。

 

 

試しに土佐の店舗をいくつも訪問すると

「ここはもっとこうした方がいい」

というのが明確に見えて、
1カ月前と見える世界が変わったのを感じた。

 

そしていよいよ、
1カ月前だと全く使い物にならなかった、
コンサル店舗にわしは足を運んだ。

 

第六話。江戸の情報を逆輸入して、店舗に70万円お金を下ろしたり。2日でLINE読者100人突破したりとか。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ~龍馬伝~龍馬の先をやる男になるまでの物語 , 2021 All Rights Reserved.